住まい通りにおける小児科

縺りの小児科があります。
長女が治ったという思ったら今度は妹の番だ。
但しあの小児科にはお世話になりました。
たえず出向く度にこういうドクターは決まって「流感ですね」。
こういうドクター、流感としか言わないのではないかとおもうぐらい、しばしば両方の子供は流感をひいていました。
予め、両方ともナース氏にネーミングを覚えられていたほどだ。
そのナース氏、近くのアメイジングで随時逢うことがあります。
巡り合うたびに「○○様流感ひいてない?」という子供陣に声をかけてくれましたが、長女と妹ってごっちゃになり、たまには両方のネーミングがまじりあってしまうことも(笑)
でも、気さくに声をかけてくれるチラチラ女性のナース氏だ。
両方の子供も大きくなり、最近はその小児科にはお世話になっていませんが、過日ばったりいつものアメイジングでそのナース氏の個性を見かけました。
まだガッツそうな個性をみて、「次孫ができたらまたお願いしますね」と心でこそこそつぶやいていた我々でした。
頬ニキビの治し方について