ブラックリスト

キャッシングのブラックリストと言われると、詳しくわからないものの何か恐ろしいものと考える人もいるようです。キャッシング業界では、ブラックリストは本当にあるものではなく、イメージの中のものです。

どんな状態をブラックリストと呼んでいて、ブラックリストに入るとどんな変化があるのでしょう。ブラックリストについてですが、これは信用情報機関に登録されたネガティブな情報の事を指します。キャッシングを利用したものの、借りたお金を全額返済できずに債務整理をしていたり、長期に渡り滞納していたことがあると記録が残されます。

信用情報会社が、返済トラブルを事故情報として残している時のことを、ブラックリストに名前が入っているという表現をします。一定期間が経過すると記録は削除されますが、キャッシングの虎フルについては5年から10年は記録が残ります。

信用情報会社は、顧客のキャッシング情報を取り扱っており、金融会社が審査のために照会をすると、情報を提示します。銀行やキャッシング会社は、貸したお金を確実に返してくれる人に融資をしたいので、過去に延滞履歴がある人は敬遠されます。

また、現在カードローンを利用していて、キャッシングも利用できているという場合でも、急にキャッシングが利用できなくなるケースもあります。銀行や、消費者金融会社は、信用情報について審査をしていることがあります。最初に申し込みをした時は、銀行でも、キャッシング会社でも、審査を行って融資の可否を見極めてはいますが、その後も何かのきっかけで信用情報の確認をしていることがあります。

あなたの借金500万円はどうなる?